コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンユワン(鎮遠)県 チェンユワンZhenyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェンユワン(鎮遠)〔県〕
チェンユワン
Zhenyuan

中国西南地方,クイチョウ (貴州) 省東部,チエントンナン (黔東南) ミヤオ (苗) 族トン (侗) 族自治州の県。ユワン (沅) 江の支流ウー水沿いの盆地にあり,明代に県がおかれた。省東部の農林産物の集散地で,シヤンチエン (湘黔) 鉄道が通っている。イネ,トウモロコシ,アブラナ,茶,ワタが栽培される。山地では用材のほか桐油,つばき油の産量が多く,「油源之郷」と呼ばれる。またキクラゲ,オニノヤガラゴシュユなどの食品材料,漢方薬材も産する。人口 22万 4906 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android