コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオーネ兄弟 チオーネきょうだい

世界大百科事典 第2版の解説

チオーネきょうだい【チオーネ兄弟】

14世紀中葉から末に活動したイタリアの画家兄弟で,画家オルカーニャ(本名アンドレア・ディ・チオーネAndrea di Cione)の弟。ともに生没年不詳。両者とも兄の協力者であり,かつその様式を受け継いだ。ナルドNardo di Cioneは画風のうえでオルカーニャほどの厳しさに欠けるが,フィレンツェのサンタ・マリア・ノベラ教会にあるストロッツィ礼拝堂の壁画で,マーソ・ディ・バンコMaso di Bancoやシエナ派の影響を受けた甘美な肉付け法や,色彩と溶け合う柔らかい明暗法を交えた優雅な様式を展開している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報