チクングニヤ熱(読み)チクングニヤネツ

デジタル大辞泉の解説

チクングニヤ‐ねつ【チクングニヤ熱】

チクングニヤウイルスの感染によって起こる感染症。感染症予防法の4類感染症、検疫法の検疫感染症の一。4日から7日の潜伏期ののち、高熱が出て関節が激しく痛む。致死率は低い。アフリカ中南部、インド、東南アジアなどで発生する。チクングンヤ熱。チクングニヤウイルス感染症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android