コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感染症予防法 カンセンショウヨボウホウ

デジタル大辞泉の解説

かんせんしょうよぼう‐ほう〔カンセンシヤウヨバウハフ〕【感染症予防法】

《「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の通称》感染性が強く生命および健康に重大な影響を与える感染症を指定し、その予防・蔓延(まんえん)防止について規定した法律。法律の対象とする感染症を感染力や症状の重篤性に基づいて、1類感染症から5類感染症に分類し、さらに新型インフルエンザ等感染症・指定感染症新感染症について定めている。伝染病予防法性病予防法・エイズ予防法後天性免疫不全症候群の予防に関する法律)を廃止統合して平成10年(1998)に制定、平成11年(1999)施行。平成19年(2007)結核予防法を統合。感染症法。感染症予防・医療法。
[補説]1類感染症として、エボラ出血熱クリミアコンゴ出血熱痘瘡南米出血熱ペストマールブルグ病ラッサ熱が指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

感染症予防法【かんせんしょうよぼうほう】

新たな感染症が多発する現代にあって,制定(1897年)から100年以上経ち実情にあわなくなった伝染病予防法と,エイズ予防法性病予防法を廃止,統合する新法。1998年10月公布,1999年4月施行。
→関連項目指定伝染病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かんせんしょうよぼうほう【感染症予防法】

正称、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律。感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関し必要な措置を規定し、感染症の発生を予防し蔓延の防止を図ることを目的とする。1998年(平成10)制定。感染症予防医療法。 → 指定感染症新感染症

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

感染症予防法の関連キーワード重症熱性血小板減少症候群感染症予防医療法流行性角結膜炎チクングニヤ熱積極的疫学調査MRSA感染症流行性耳下腺炎全数把握疾患流行性髄膜炎急性灰白髄炎性行為感染症発疹チフス国際伝染病ジフテリア伝染性紅斑パラチフス日本紅斑熱咽頭結膜熱強制隔離日本脳炎

感染症予防法の関連情報