コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チグリジア Tigridia

2件 の用語解説(チグリジアの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

チグリジア【Tigridia】

アヤメ科の春植え球根草。中南米原産。夏、高さ約40センチメートルの花茎の先に、三、四花をつける。花は白・黄・赤などで外花被片が三角形に開く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チグリジア【tiger‐flower】

アヤメ科トラユリ属Tigridia多年生球根植物。トラユリ,トラフユリともいう。原産地中央アメリカで,中央アメリカではすでに1000年以上も前から栽培されていた。1球から3~5本の高さ30~50cmの茎を伸ばし,その頂端に花をつける。7~9月に咲く花の径は約10cm,外花被片は大きく平開し,雄大で美しい。花色は白・桃・赤・橙・黄・紫色やそれらの中間色。内花被片には名のようにトラのような斑(ふ)があって,その鮮やかさは抜群である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チグリジアの関連キーワード菖蒲ジャーマンアイリス誰故草捩菖蒲狸菖蒲檜扇菖蒲コオニユリエヒメアヤメウバユリ片岡あやめ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone