コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チット cit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チット
cit

インド哲学用語。サーンキヤ哲学では,「知」のことで純粋精神の本質とされる。またベーダーンタ哲学では「大我」のことで,実在,意識,歓喜から成り,我観の中心をなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チットの関連キーワードミニチュアダックスのチョコくんイーグル・デーン・ジュンラパンラージャスターンの丘陵要塞群マールカンデーヤ・プラーナコーギーのクッキーくんキールッティ・スタンバグラウバー ローシャチワワのベリーちゃんスクムウィット通りラージャスターン州チットールガル城チットールガル東南アジア文学パドマーワットクンバルガル城タビタおくさんガスコンセントチットルガルグランディルマルチトール

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android