コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チット チットcit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チット
cit

インド哲学用語。サーンキヤ哲学では,「知」のことで純粋精神の本質とされる。またベーダーンタ哲学では「大我」のことで,実在,意識,歓喜から成り,我観の中心をなした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チットの関連キーワードミニチュアダックスのチョコくんイーグル・デーン・ジュンラパンラージャスターンの丘陵要塞群マールカンデーヤ・プラーナコーギーのクッキーくんキールッティ・スタンバグラウバー ローシャチワワのベリーちゃんラージャスターン州スクムウィット通りチットールガル城パドマーワット東南アジア文学チットールガルタビタおくさんクンバルガル城ガスコンセントチットルガルグランディルラクチトール

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チットの関連情報