歓喜(読み)かんき

精選版 日本国語大辞典「歓喜」の解説

かん‐き クヮン‥【歓喜】

〘名〙 (古くは「かんぎ」) 非常によろこぶこと。また、非常なよろこび。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「明書歓喜
※今昔(1120頃か)一「憍曇彌、を聞て大歓喜(くゎんぎ)して」 〔戦国策‐秦策下・昭襄王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「歓喜」の解説

かん‐き〔クワン‐〕【歓喜】

[名](スル)
非常に喜ぶこと。また、心からの喜び。「歓喜して躍り上がる」
かんぎ(歓喜)
[類語]狂喜驚喜欣喜雀躍有頂天随喜喜び満悦愉悦喜悦祝い祝賀喜色歓心大悦恐悦法悦愉楽悦楽愉快大喜び糠喜び空喜び得意好い気・絶頂感・優越感意気揚揚鬼の首を取ったよう

かん‐ぎ〔クワン‐〕【歓喜】

仏語仏法を聞いて満足し、喜びを感じること。浄土教では、浄土往生の決定を喜ぶことをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「歓喜」の解説

【歓喜】かん(くわん)き

よろこぶ。〔国策、中山の事(戦)、秦軍大いに尅(か)ち、趙軍大いに破る。秦人喜し、趙人畏懼す。

字通「歓」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android