コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大我 だいが

4件 の用語解説(大我の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大我
だいが

[生]宝永6(1709)
[没]天明2(1782)
江戸時代後期の浄土宗の僧。字は孤立,白蓮社天誉という。初め湯島霊雲寺の慧光和尚のもとで密宗 (教) を学んだが,のち鎌倉光明寺の称誉のもとで浄土教を学ぶ。延享2 (1745) 年正法寺の住職となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐が【大我】

《「たいが」とも》
仏語。真如の永遠なる自在の働き。狭い見解や執着から離れた自由自在の悟りの境地。⇔小我
インド哲学で、宇宙の本体としての唯一絶対の精神。⇔小我

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大我 だいが

1709-1782 江戸時代中期の僧。
宝永6年生まれ。浄土宗。江戸の真言宗霊雲寺の慧光のもとで出家したが,浄土宗に帰依(きえ)して鎌倉光明寺の真察に師事,法華・華厳・浄土の教義をまなぶ。寛延3年山城(京都府)正法寺の住持となった。和歌,詩文にすぐれ,おおくの作品をのこした。天明2年8月15日死去。74歳。武蔵(むさし)伊興(東京都)出身。字(あざな)は孤立。号は白蓮社天誉。著作に「性悪論」「遊芝談」「扶宗論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大我の関連キーワード徳川家宣徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉東山天皇円明園笈の小文

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大我の関連情報