コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チドリソウ チドリソウ

3件 の用語解説(チドリソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チドリソウ
チドリソウ

「ヒエンソウ (飛燕草)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チドリソウ

ヒエンソウとも。南欧原産のキンポウゲ科の一〜二年草。花壇,切花用に栽培。草たけ90cm内外で,葉は3裂し裂片がさらに2〜3回細裂して線形になる。茎頂に距をもった多数の花を総状につける。
→関連項目デルフィニウム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チドリソウ
ちどりそう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チドリソウの関連キーワードキンポウゲ科一輪草金梅草信濃金梅二輪草飛燕草クロタネソウテッセンニリンソウチドリソウ(キンポウゲ科)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone