コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重咲 やえざき

1件 の用語解説(八重咲の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

八重咲【やえざき】

重弁花とも。本来の花弁以外に,おしべ,めしべなどが弁化して花弁となることによって,花弁数が増加した花をいう。サクラヤマブキツバキ,バラなど園芸品種に多く,一般に遺伝的な形質であるが,薬品処理などによっても誘導できる。
→関連項目アザレアマツリカ(茉莉花)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

八重咲の関連キーワード花被花弁完全花合弁花重弁重弁花八葉雄蕊雌蕊離弁花

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八重咲の関連情報