コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重咲 やえざき

百科事典マイペディアの解説

八重咲【やえざき】

重弁花とも。本来の花弁以外に,おしべ,めしべなどが弁化して花弁となることによって,花弁数が増加した花をいう。サクラ,ヤマブキ,ツバキ,バラなど園芸品種に多く,一般に遺伝的な形質であるが,薬品処理などによっても誘導できる。
→関連項目アザレアマツリカ(茉莉花)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

八重咲の関連キーワードオオキンケイギク(大金鶏菊)ボタンアオサ(牡丹石蓴)ストック(アブラナ科)キンセンカ(金盞花)マツリカ(茉莉花)プリムラポリアンサカンツバキ(寒椿)八重崎検校(1)サツキ(皐月)ダマスクローズトルコギキョウ神奈川中央交通モッコウバラ奈良の八重桜ヤエクチナシニオイスミレトキンイバラハナザクロ根本石南花コヒマワリ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android