コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チムレンガ

百科事典マイペディアの解説

チムレンガ

南部アフリカのショナ語で戦争を意味する語。歴史上は,1895年から1897年にかけて発生したショナ人とヌデベレ人による武装蜂起(第1次チムレンガ),そして1960年代半ばから1980年のジンバブエ独立まで続いた白人政権と解放勢力間の内戦(第2次チムレンガ)をいうが,通常は後者を指す。また,第2次チムレンガのなかで発生した歌および音楽もチムレンガと呼ばれ,独立後はジンバブエのポピュラー音楽の主流となった。主としてショナ人の音楽を現代化したもので,ショナ語で歌われ,ムビラ(親指ピアノ)その他の伝統楽器を使う場合もあるが,エレキ・ギターでムビラのパターンをなぞる場合も多い。代表的な歌手に,カリスマ的な魅力を備えたトーマス・マプフーモがいる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android