武装蜂起(読み)ぶそうほうき(英語表記)armed uprising

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武装蜂起
ぶそうほうき
armed uprising

支配階級の権力を打倒するために武装した被支配階級による大衆決起のことで,階級闘争の最終的形態。マルクス主義理論は,支配階級の打倒のために被支配階級の武装を重視しているが,それは支配階級が常備軍や警察という組織を有しているために,革命闘争の最終的段階では暴力が不可避であり,その具体的方法として武装蜂起が重要な意義をもつことによるとしている。武装蜂起は階級闘争の最終的形態であり,主体的条件と客体的条件の交差する点において実行されなければならず,したがってマルクス主義においては,ブランキ的武装蜂起は条件を考慮しない一揆主義として排除される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶそう‐ほうき〔ブサウ‐〕【武装蜂起】

支配勢力に対して、被支配者が武装して反対行動を開始すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶそうほうき【武装蜂起】

( 名 ) スル
支配者に対して、民衆が一斉に武装して立ち上がること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武装蜂起の関連情報