コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャウロコタケ(茶鱗茸) チャウロコタケStereum ostrea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャウロコタケ(茶鱗茸)
チャウロコタケ
Stereum ostrea

担子菌類ヒダナシタケ目コウヤクタケ科。広葉樹または針葉樹に生じ,材の白腐れを起す。しばしばシイタケの榾木 (ほたぎ) をおかす。キノコはなかば背着性,革質で硬い。傘は半円形または扇形で,多数が瓦をふいたように重なって生じる。径1~5cm,厚さ 0.5~1mm,上面は黄白色から淡褐色,褐色の輪紋をつくる。密毛を生じ,ときにそれが輪状に脱落する。傘の背面は暗褐色。日本全土に産し,汎世界的に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone