コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榾木(読み)ホタギ

大辞林 第三版の解説

ほだぎ【榾木】

〔「ほたぎ」とも〕
ほた(榾)」に同じ。
シイタケの種菌を植えつけた原木。クヌギ・クリ・シイなどを使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の榾木の言及

【シイタケ(椎茸)】より

…日本,韓国,中国,台湾,フィリピン,ボルネオ,ニューギニア,マレーシアに分布する。日本では春と秋に山地の広葉樹の枯幹,切株などに野生するが,榾木(ほたぎ)(菌を接種した原木)による人工栽培が広く行われている。
[栽培]
 日本でのシイタケ栽培の歴史は古く,元禄年間(1688‐1704)には豊後(ぶんご)や伊豆地方ですでに榾木栽培が始まっていたらしい。…

※「榾木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android