コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャハール・アイマーク Chahār Aimāq

1件 の用語解説(チャハール・アイマークの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャハール・アイマーク【Chahār Aimāq】

アフガニスタン西部の部族。意味はチャハール(ペルシア語で〈4〉の意),アイマーク(モンゴル語トルコ語で〈部族〉の意)。ハザーリーHazārī,ジャムシーディーJamshīdī,フィールーズクーヒーFīrūzkūhī,タイマーニーTaymānīの4部族を指す。しかし彼らの自称は単に〈アイマーク〉である。現在の人口は約80万といわれ,言語はペルシア語で,多くのトルコ語語彙を含む。宗教はイスラムスンナ派,容貌はモンゴロイドで,地中海人種の血も混じっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone