容貌(読み)ようぼう

精選版 日本国語大辞典「容貌」の解説

よう‐ぼう ‥バウ【容貌】

〘名〙 かおかたち。みめかたち。かおつき。ようみょう。
※東大寺奴婢帳‐天平勝宝元年(749)一二月一九日・丹後国司解「奴婢伍人、年卅已下十五已上、容貌端正」
※平治(1220頃か)下「将門容㒵(ヨウバウ)あひ似たる兵七人伴て、更に主従の儀なき間」 〔論語‐泰伯〕

よう‐みょう ‥メウ【容貌】

〘名〙 (「みょう」は「貌」の呉音) =ようめい(容面)
※宇津保(970‐999頃)内侍督「左のもよしあるものどもあめり。力つき、ようめうなどもことなきうちにも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「容貌」の解説

よう‐ぼう〔‐バウ〕【容貌】

顔かたち。顔つき。「容貌魁偉(かいい)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android