チャンキーヨ(英語表記)Chankillo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「チャンキーヨ」の解説

チャンキーヨ
Chankillo

ペルーアンカシュ県を流れるセチン川流域の砂漠の丘にある遺跡。「チャンキーヨの13の塔」とも呼ばれ,前300~前200年につくられたとみられる。太平洋沿岸から約 14km内陸にあるこの遺跡は,門のある頑丈な城壁に取り囲まれた建築物,南北に連なる 13の塔,および東西の展望台で構成され,夏至冬至の太陽の位置を観測するアメリカ大陸最古の太陽観測所である。2007年にペルーの考古学者イバン・ゲッツィとイギリスの天文考古学者クライブ・ラグルズが明らかにするまで,この遺跡の役割は謎であった。当初,丘上の要塞と推定されたが,水利施設がなく,出入口も多かったため防衛には適していないとみられた。
13の塔は 6ヵ月の間に太陽が昇ったり沈んだりする位置の変化にそって弧状に配置され,夏至の太陽の位置は最も北の塔の位置と,冬至の太陽の位置は最も南の塔の位置と合致する。農作物播種や収穫,宗教的な祭礼の時期を知るためのの役割を担っていたとみられる。2021年「チャンキーヨの天文考古学遺跡群」として,世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android