播種(読み)はんしゅ

精選版 日本国語大辞典「播種」の解説

はん‐しゅ【播種】

〘名〙
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「悄(ひそか)に其土宜を(さう)して、播(ハンシュ)を試みしに、幸ひに年穀豊稔して、貲財繁殖せり」
② 種をまいたように細菌または癌細胞などが体内に分布すること。

は‐しゅ【播種】

〘名〙
① 耕地に作物の種子をまくこと。たねまき。
※自由之理(1872)〈中村正直訳〉三「五穀を播種し」 〔孟子‐告子上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「播種」の解説

は‐しゅ【×播種】

[名](スル)
作物の種をまくこと。種まき。「秋野菜播種する」
ウイルス癌細胞などが生体内で最初感染または発生した場所から離脱し、体液の流れに乗って体全体に広がったり他の臓器に転移したりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「播種」の解説

【播種】はしゆ

種まき。

字通「播」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「播種」の解説

播種
はしゅ

種播き

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の播種の言及

【種まき】より

…作物の種子を圃場(ほじよう)または苗床にまきつけることで,播種(はしゆ)ともいう。種まきは作物栽培の出発点にあたり,スタートを順調にすることが,その後の生長を保障する要件となる。…

※「播種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android