コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンジャ・フトクト Janggiya(Lcang skya) khutugtu

1件 の用語解説(チャンジャ・フトクトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャンジャ・フトクト【Janggiya(Lcang skya) khutugtu】

中国,清代内モンゴルの最高の活仏で黄帽派(ゲルー派)ラマ教主の名称。その初代活仏ロサンチョエデン(1642‐1715)は青海地方に生まれ,ダライ・ラマ5世の弟子となったのち,1693年(康熙32)勅命を奉じて北京に来た。97年勅命により内モンゴルのドロン・ノール(多倫諾爾)に彙宗寺を建立して与えられた。1712年北京に嵩祝寺を建立した。第2代活仏ロルペイドルジェ(1717‐86)は甘粛に生まれ,24年(雍正2)来京し,31年勅命によりドロン・ノールに善因寺を建立して与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャンジャ・フトクトの関連キーワード黄教紅帽派黄帽派ゴビ砂漠モンゴルモンゴル語モンゴル文字内モンゴル自治区達延汗蒙古

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone