チャンパイ(長白)山脈(読み)チャンパイさんみゃく(英語表記)Changbai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国北東部,チーリン (吉林) 省の東端を,北朝鮮との国境沿いに北東から南西に延びる山脈。平均標高 1000m以上。最高峰はパイトウ (白頭) 山で,標高 2750m。北東にトーメン (図們) 江,北西に第二ソンホワ (松花) 江,南西にヤールー (鴨緑) 江が流出する。ヤールー江とトーメン江は北朝鮮のケマ (蓋馬) 高原との間を流れて,国境をなす。火山活動のあった地域で,火山岩が広く分布し,広大な玄武岩台地がみられる。標高 2200mまで森林におおわれる。多種の野生動物がすみ,アントー (安図) 県,フーソン (撫松) 県,チャンパイ朝鮮族自治県にわたって自然保護区に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android