コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンルー(長蘆)塩田 チャンルーえんでんChanglu yanqu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンルー(長蘆)塩田
チャンルーえんでん
Changlu yanqu

中国最大の海塩生産地区。ホーペイ (河北) 省とテンチン (天津) 市のポー (渤) 海沿いに存在する塩田の総称である。海岸は遠浅で雨量も少く,天日製塩に適しているので,古くから製塩が盛んであった。元代に河間塩運司が設けられ,明初に塩運司が現在のツァンチョウ (滄州) 市にあたる長蘆鎮におかれて,長蘆塩区と呼ばれるようになった。人民共和国成立後は塩田の新増設や機械化が進められた。主要な塩田はタンクー (塘沽) ,ハンクー (漢沽) ,ホワンホワ,ナンプー (南堡) など。塩やにがりを原料とする化学工業も盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チャンルー(長蘆)塩田の関連キーワードツァンチョウ(滄州)地区テンチン(天津)直轄市ホーペイ(河北)省ポー(渤)海

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android