コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塘沽 タンクー

大辞林 第三版の解説

タンクー【塘沽】

中国河北省、天津の渤海湾に臨む地区。天津新港ができるまで、同市の外港として栄えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

塘沽【タンクー】

中国,天津市東部の地区で,海河を隔てて南の大沽(タークー)と対し,天津新港(旧称塘沽新港)所在地。日中戦争中日本が築港に着手,解放後中国が完成し,大貿易港となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の塘沽の言及

【天津】より

…1860年(咸豊10)帝国主義諸国の要求により,清朝は開港場とし,租界が設けられ,以来外資経営の紡績等の工場が立地,外国商社も多く進出し,とくに日本の経済侵略の一拠点とされた。海港としては海河の最下流の塘沽(タンクー),大沽(タークー)の両河口港が利用された。1928年天津特別市が設けられたが,30年天津市に改められた。…

※「塘沽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塘沽の関連キーワードチャンルー(長蘆)塩田カイロワン(開灤)炭鉱太平洋戦争史(年表)テンチン(天津)新港梅津‐何応欽協定冀東防共自治政府塘沽停戦協定ハイ(海)河華北分離工作中国共産党広田三原則斎藤実内閣通州事件熱河作戦タンクー抗日運動大連会議満州事変蒋介石関東軍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塘沽の関連情報