コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滄州 ソウシュウ

5件 の用語解説(滄州の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐しゅう〔サウシウ〕【×滄州】

青々とした水に囲まれた州浜。人里を離れた水辺。
仙人や隠者の住んでいる所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

滄州【そうしゅう】

中国,河北省中東部の都市。京滬(けいこ)鉄路(北京〜上海),大運河に沿い,華北平原東部の交通中心地で,石油輸送基地にもなっている。東方渤海湾沿岸に産する長蘆塩を集散する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そうしゅう【滄州 Cāng zhōu】

中国,河北省東部,天津南方の大運河と京滬(けいこ)線(北京~上海。旧,津浦線)に沿う省直轄市。人口633万(うち市部39万。1994)。滄州地区の行政中心。滄州から渤海湾岸の大口河港(新港)に達する。滄新線を分岐する。漢の浮陽県,その一部を割いて北周から宋にかけて長蘆県が置かれた。浮陽県は隋代清池県と改称。滄州は南北朝時代に初めて置かれ,その州治は現在地の南東方山東省境付近の饒安であったが,唐代清池に移り,明代に現在の市域の滄鎮(旧名,長蘆鎮)が州治となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうしゅう【滄州】

青々とした水に囲まれた洲や浜。隠者のすむ所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滄州
そうしゅう / ツァンチョウ

中国、河北省南東部の市。滄州地区級市の中心地で、滄州地区級市は滄県など9県と1自治県を管轄し、泊頭市など4市の管轄代行を行う。総人口668万9654、市轄区人口46万2320(2000)。大運河が南北に貫流し、古くから水運の要衝であった。明(みん)代にはこの地の長盧鎮(ちょうろちん)に転運司が置かれ、塩の集散の中心地で、その塩は長盧塩とよばれ、華北産の代表的海塩であった。沿海地帯にあって土地の塩化が激しいが、運河の水を利用して灌漑(かんがい)を進めている。農産品としては小麦、トウモロコシなどのほかナツメが有名。滄県の開元寺前には、五代につくられた中国でもっとも古い鋳鉄製の獅子(しし)像がある。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滄州の関連キーワード衛河大運河常州大沽開灤京杭大運河桑乾河

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滄州の関連情報