滄州(読み)ソウシュウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐しゅう〔サウシウ〕【×滄州】

青々とした水に囲まれた州浜。人里を離れた水辺。
仙人隠者の住んでいる所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

滄州【そうしゅう】

中国,河北省中東部の都市。京滬(けいこ)鉄路(北京〜上海),大運河に沿い,華北平原東部の交通中心地で,石油輸送基地にもなっている。東方渤海湾沿岸に産する長蘆塩を集散する。麦稈真田(ばつかんさなだ)の産地としても名高い。55万人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうしゅう【滄州 Cāng zhōu】

中国,河北省東部,天津南方の大運河と京滬(けいこ)線(北京~上海。旧,津浦線)に沿う省直轄市。人口633万(うち市部39万。1994)。滄州地区の行政中心。滄州から渤海湾岸の大口河港(新港)に達する。滄新線を分岐する。漢の浮陽県,その一部を割いて北周から宋にかけて長蘆県が置かれた。浮陽県は隋代清池県と改称。滄州は南北朝時代に初めて置かれ,その州治は現在地の南東方山東省境付近の饒安であったが,唐代清池に移り,明代に現在の市域の滄鎮(旧名,長蘆鎮)が州治となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうしゅう【滄州】

青々とした水に囲まれた洲や浜。隠者のすむ所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滄州
そうしゅう / ツァンチョウ

中国、河北(かほく)省南東部の地級市。滄県など9県と1自治県、2市轄区を管轄し、泊頭(はくとう)市など4県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口768万4000(2014)。大運河が南北に貫流し、古くから水運の要衝であった。明(みん)代にはこの地の長盧鎮(ちょうろちん)に転運司が置かれ、塩の集散の中心地で、その塩は長盧塩とよばれ、華北産の代表的海塩であった。沿海地帯にあって土地の塩化が激しいが、運河の水を利用して灌漑(かんがい)を進めている。農産品としては小麦、トウモロコシなどのほかナツメが有名。京滬(けいこ)線、京九鉄道、朔黄(さくこう)線(神池(しんち)―黄(こうか))が通る。滄県の開元寺前には、五代につくられた中国でもっとも古い鋳鉄製の獅子(しし)像がある。[秋山元秀・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android