コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャールサダ Chārsadda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャールサダ
Chārsadda

パキスタン北部,カイバル・パクトゥンクワ州ペシャワル県にある町。県都ペシャワルの北東 20kmに位置する。コムギ,オオムギなどの集散地。インドからカイバー峠を越えてアフガニスタンに出る交通路に臨むため,かつてはガンダーラ地方の主要都市。プシュカラバティ Pushkalavatiと呼ばれて,タキシラ(→タキシラ遺跡)とともに,しばしば首都とみなされた。人口 6万2530(1981)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のチャールサダの言及

【ガンダーラ美術】より

… 建造物はほとんどが基礎のみのこり,完存例は皆無である。タキシラとチャールサダ(ガンダーラの古都プシュカラーバティーPuṣkarāvatīにあたる)とでは,前6世紀以来相次いで建設された都市跡が発掘され,バクトリアのギリシア人,サカ・パルティア族,クシャーナ族の支配期がある程度確かめられた。当地方に仏教が伝えられたのはマウリヤ朝時代で,タキシラのダルマラージカー大塔やスワートのブトカラ大塔はアショーカ王の創建とされるが,造寺造塔が本格化するのはクシャーナ時代になってからである。…

※「チャールサダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チャールサダの関連キーワードジョン・H. マーシャルマーシャルチャルサダ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android