チャールス・エバンス ヒューズ(英語表記)Charles Evans Hughes

20世紀西洋人名事典の解説


1862.4.11 - 1948.8.27
米国の政治家,法律家。
元・ニューヨーク州知事。
ニューヨーク生まれ。
1884年コロンビア大学で法学士となる。ニューヨーク州で弁護士を開業、保険会社の不正調査で名をあげ、共和党からニューヨーク州知事に当選した。1910〜16年はアメリカ合衆国最高裁判所判事を務め、’16年に大統領選に出馬したがウィルソンに敗れた。’21〜25年は国務長官を務め、ワシントン会議を主宰して9ヶ国条約を結び、門戸解放主義を列強に認めさせた。その後、ハーグ仲裁裁判所判事、常設国際司法裁判所判事などを歴任、国際的に活躍した。’30年には合衆国最高裁判所長官に任命され、’41年まで在任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android