コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒住教 くろずみきょう

6件 の用語解説(黒住教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒住教
くろずみきょう

教派神道 13派の一つ。文化 11 (1814) 年備前岡山の黒住宗忠により開教。宗忠の家は備前今村の今村宮の祠職で,彼もこれを継いで禰宜となったが,33歳のとき両親が相次いで病死,みずからも肺を病み3年ほど臥床した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くろずみ‐きょう〔‐ケウ〕【黒住教】

教派神道の一。文化11年(1814)黒住宗忠が創唱。幕末にかけて教勢を広げ、明治9年(1876)一派独立。太陽神天照大神(あまてらすおおみかみ)を信仰の中心に置き、神人合一の境地を目ざす。本部は岡山市。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黒住教【くろずみきょう】

教派神道の一つ。教祖黒住宗忠(むねただ)〔1780-1850〕は岡山郊外の今村宮の神職で,1814年冬至(とうじ)の日に日輪を拝し,〈生きながら神になること〉を念じ,天照大神(あまてらすおおかみ)信仰を得た。
→関連項目新宗教神道大教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くろずみきょう【黒住教】

教派神道の一派。1814年(文化11)に黒住宗忠が開教したもので,76年に独立教派として政府から認可された。黒住教は,幕藩体制の解体期に成立した民衆宗教のなかで,天理教,金光(こんこう)教に先行して教義を確立し,江戸末期に教団を形成した。72年に黒住講社として政府から認可され,76年に神道修成派とともに教派神道として別派独立を許可されて神道黒住派と称し,82年に神道黒住教と改称。教義は,教祖黒住宗忠の天命直授(じきじゆ)をふまえたもので,天照大神を万物の根源となし,人間はその分身で,神人不二(ふに)とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くろずみきょう【黒住教】

神道十三派の一。江戸末期備前の黒住宗忠が始めた。我を離れて天照大神あまてらすおおみかみと合一し、不生不滅の境地に達することを教えの根本とする。1876年(明治9)に一派として独立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒住教
くろずみきょう

神道(しんとう)教団。旧教派神道十三派の一つ。黒住宗忠(むねただ)を教祖とする。備前(びぜん)国今村宮(岡山県岡山市北区)の禰宜(ねぎ)宗忠が、1814年(文化11)34歳のとき得た宗教体験をもとに、講釈および禁厭(きんえん)(まじない)活動を行い、信者を得たのに始まる。初期は備前、美作(みまさか)(岡山県)の武士階級を中心に信者が形成されたが、宗忠の没後、石尾乾介(いしおけんすけ)(1775―1859)、河上忠晶(かわかみただあき)(1795―1862)、時尾宗道(ときおむねみち)(1817―1862)、赤木忠春(あかぎただはる)(1816―1865)、星島良平(ほしじまりょうへい)(1835―1878)、森下景端(もりしたけいたん)(1824―1891)のいわゆる六高弟を中心とする布教活動により、教線は中国、四国、近畿へと拡大していった。なかでも赤木は、京都布教において二条家、九条家など公卿(くぎょう)層の信頼を得、1862年(文久2)には神楽岡(かぐらおか)に宗忠神社を創建するに至っている。幕末から明治維新にかけて信者はいっそう増加し、1872年(明治5)に黒住講社が明治維新政府によって公認され、さらに1876年には、神道黒住派として教派神道のなかではもっとも早く一派独立し、宗忠の孫の黒住宗篤(むねあつ)(1848―1889)が初代管長に就任した。1882年に黒住教と改称して今日に至っているが、明治後半以降は、教勢は以前ほど振るわなくなった。天照大御神(あまてらすおおみかみ)を中心に置き、神道信仰に立脚しながら、布教・教化の方法が明確であったという意味において、もっとも教派神道の特質を備えていた教団の一つということができる。本部は岡山市北区尾上(おのうえ)。教会数316、布教所数13、教師数1491、信者数29万7545(『宗教年鑑』平成26年版)。ほかに神社が二つある。[井上順孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黒住教の言及

【黒住宗忠】より

黒住教の教祖。諱(いみな)が宗忠,幼名が権吉,左之吉,右源次,今村宮の禰宜(ねぎ)職のとき左京宗忠。…

※「黒住教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒住教の関連キーワード神道修成派神道大教神理教土御門神道禊教祠宇神道十三派橘神道西教派宗派神道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒住教の関連情報