コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕃書調所 ばんしょしらべしょ

6件 の用語解説(蕃書調所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕃書調所
ばんしょしらべしょ

江戸時代末期,幕府が設けた洋学研究機関。安政2 (1855) 年洋学所設置の決定に基づき,同4年開校され,洋学の教授,外交文書の翻訳などを司った。のち文久2 (62) 年洋書調所,さらに翌年には開成所と改称され,明治維新後は大学南校の母体となり,やがて開成学校東京開成学校を経て東京大学へと発展をとげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばんしょ‐しらべしょ【蕃書調所】

江戸末期、幕府が洋学教授および洋書・外交文書の翻訳などのために設けた機関。安政2年(1855)洋学所として設立。同4年開校。のち、洋書調所を経て開成所となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蕃書調所【ばんしょしらべしょ】

江戸幕府の洋学研究教育機関。1855年古賀増(まさる)を洋学所頭取に任じ,翌1856年蕃書調所と改称して江戸九段坂下に開設された。教授に箕作阮甫杉田成卿をおき,生徒は初め幕臣に限ったが,のち諸藩の士も入れた。
→関連項目阿部正弘大村益次郎加藤弘之川上冬崖川本幸民神田孝平古賀謹一郎杉亨二高橋由一寺島宗則西周箕作秋坪柳河春三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばんしょしらべしょ【蕃書調所】

幕末に幕府が設けた洋学の教育研究機関。1853年(嘉永6)幕府がペリー艦隊の威力の前に屈服した結果,外交事務がにわかに多忙となり,そのため専任の外交担当官と翻訳官の養成を迫られた。またこれとならんで軍備の充実が緊急な課題となった。そこでこれに対処するため洋学校の設立を図り,55年(安政2)に古賀増を洋学所頭取に任命し,翌年2月に洋学所を蕃書調所と改称,九段坂下の旗本屋敷を改修して校舎にあて,同年7月に開所,翌57年1月から開講した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばんしょしらべしょ【蕃書調所】

江戸末期、幕府が設けた洋学の研究・教育施設。外交文書の翻訳をも行なった。1855年洋学所として江戸九段坂下に設立。のち神田一ッ橋に移され、名称も蕃書調所、洋書調所、さらに開成所と変更され、東京大学の前身校の一つとなる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蕃書調所
ばんしょしらべしょ

江戸幕府の洋学研究教育機関。1853年(嘉永6)のペリー来航を契機に幕府は外交・軍事面の充実を図り、その一策として洋学を取り扱う機関の設置を計画した。55年(安政2)洋学所という仮称のもとに頭取(とうどり)古賀謹一郎を中心として準備が開始され、56年蕃書調所という名で開業、57年1月授業も開始された。同所の任務には、洋書洋文の翻訳・研究、洋学教育、洋書・翻訳書などの検閲、印刷・出版、一部の技術伝習があり、これを担当する教授方には、箕作阮甫(みつくりげんぽ)、杉田成卿(せいけい)、松木弘安(こうあん)(寺島宗則(むねのり))、村田蔵六(ぞうろく)(大村益次郎)ら著名な洋学者が任ぜられた。当初、設置科目は蘭学(らんがく)1科であったが、60年(万延1)より62年(文久2)にかけ、英・仏・独の外国語、および精煉(せいれん)・器械・物産・数学などの科学技術部門諸科が次々に開設された。構舎は初め江戸九段坂下にあったが、59年(安政6)に小川町へ、62年に一橋(ひとつばし)門外へ移転した。蕃書調所は62年に洋書調所、63年に開成所と名称を変え、維新後は明治政府に移管され東京大学の前身校の一つとなった。[宮崎ふみ子]
『大久保利謙著『日本の大学』(1943・創元社) ▽沼田次郎著『幕末洋学史』(1950・刀江書院) ▽沼田次郎著『洋学伝来の歴史』(1960・至文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蕃書調所の言及

【官板バタヒヤ新聞】より

…長崎のオランダ商館は幕初以来,毎年オランダ商船のもたらす海外情報を江戸幕府に献上していた。これを〈オランダ風説書〉といったが,安政末年にいたってジャカルタのオランダ総督府機関紙《ヤファンシェ・クーラントJavaansche Courant》が代わって献上されるようになり,蕃書調所が翻訳して幕政当局に提出した。1862年(文久2)1月,幕府は御用書肆であった本所竪川三之橋の老皀(ろうそう)館に,これを《官板バタヒヤ新聞》と題して出版させた。…

【ドイツ語】より

…このような文の構造は〈ワク構造〉と呼ばれる。
[日本におけるドイツ語学習]
 日本における本格的なドイツ語学習は,1860年(万延1)7月,プロシア(プロイセン)東洋遠征艦隊来航の際,蕃書調所(ばんしよしらべしよ)の市川斎宮(いつき)が〈独逸(どいつ)学〉を学ぶ公命を受け,それを機にドイツ語を学び始めた時をはじめとする。1862年(文久2)には洋書調所に独逸学科が開設され,この年,日本最初のドイツ語読本である《官版独逸単語篇》が出版された。…

※「蕃書調所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蕃書調所の関連情報