コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューノム(字喃) チューノムChữ nôm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューノム(字喃)
チューノム
Chữ nôm

漢字を利用してつくられたベトナム文字。「話しことばの文字」の意。14世紀頃から用いられ,当時の公用文字が漢字(チューニョー〈字儒〉と呼ばれた)だったため,民衆文字,俗字として使用された。大部分は漢字の形声会意の造字法に基づいてつくられ,漢字の意味とは関係なくベトナム語の音を写すために字形をかりる仮借も行なわれた。17世紀以降,ヨーロッパの宣教師らにより,ベトナム語に合わせたローマ字書きクォク・グー quốc-ngữ(「国語」の意)が考案され,20世紀初頭に公式の表記となるとともに,チューノムは使われなくなっていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チューノム(字喃)の関連キーワードハット・トゥオンパウルス・クワベトナム文学キン(京)族トー族