コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューノム(字喃) チューノムChũ' nôm

1件 の用語解説(チューノム(字喃)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューノム(字喃)
チューノム
Chũ' nôm

漢字を利用してつくられたベトナム文字。「話し言葉の文字」の意。 14世紀頃から用いられたが,当時の公用文字は漢字 (チューニョー〈字儒〉といった) であったので,民衆文字,俗字としての地位のままに用いられ,さらに 20世紀初頭にクォク・グー quô´c-ngũ' (国語) と呼ばれる特殊ローマ字書きが正式の国字になるとともに滅んでいった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone