コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民衆文字 みんしゅうもじdemotic script

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民衆文字
みんしゅうもじ
demotic script

エジプト語を書くために用いられた文字の一つ。民間文字,民用文字とも呼ばれる。前7世紀に神官文字から発達し,法律,事務,文学その他に広く用いられるようになった。古代ローマになって衰え,5世紀後半には用いられなくなった。神官文字よりもさらに草書体的になっており,聖刻文字 (ヒエログリフ) のもっていた象形文字としての性格は薄くなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民衆文字
みんしゅうもじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の民衆文字の言及

【エジプト学】より

…先王朝時代は遺跡・遺物に基づく考古学的研究が中心であり,第1王朝の成立(王朝時代の開始)とほとんど同時に文字史料が出現する。文字はいわゆるヒエログリフで,象形文字の原形を忠実に保存した狭義のヒエログリフ(聖刻文字),日常生活に使用されたヒエラティック(神官文字),前700年ころ出現するデモティック(民衆文字)の3書体があり,聖刻文字は主として記念碑や宗教テキストを金石に刻み,神官文字や民衆文字はパピルスやオストラコン(陶片や石灰岩片)に日常生活の記録類,学習教材,文学作品などを記している。エジプト語は古エジプト語,中エジプト語,新エジプト語と発展し,民衆文字で記された段階をデモティック語として新エジプト語から区別することもある。…

【エジプト文字】より

…末期のヒエラティック文書には宗教的なものが多かったので〈神官文字〉の名が生まれた。前7世紀ころから〈デモティックdemotic(民衆文字)〉が現れる。ヒエログリフの草書体ともいうべきもので,行文はおもにパピルスに右→左横書きに記され,内容には宗教的なものや文学的なものもあるが,法律上・商業上の契約に関するものが多い(図)。…

※「民衆文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

民衆文字の関連キーワードロゼッタ・ストーンロゼッタ・ストーンチューノム(字喃)古代オリエント文明ヒエラティックオストラコンエジプト文字ロゼッタ石エジプト史コプト語

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android