コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会意 かいい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会意
かいい

六書の一つ。2つ (以上) の漢字を組合せ,両者を合せたものに近い意味と字形をもつ1字の漢字をつくる構成法。「木」+「木」→「林」,「車」+「車」+「車」→「轟」 (多くの車の音。とどろく) ,「女」+「取」→「娶」 (めとる) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐い〔クワイ‐〕【会意】

漢字の六書(りくしょ)の一。二つ以上の漢字を組み合わせ、その意味を合成して独立した文字とするもの。例えば「人」と「言」を合わせて「信」、「木」を三つ合わせて「森」を作る類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいい【会意】

漢字の六書りくしよの一。二字以上の漢字を組み合わせ、同時にそれぞれの意味をも合わせて一字の漢字とすること。「日」と「月」を合わせて「明」とし、「車」を三つ合わせて「轟」とするなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の会意の言及

【漢字】より


【漢字の種類と造字・転用】
 ふつう〈六書(りくしよ)〉と呼ばれる分類がある。六書とは指事・象形・会意・形声・転注・仮借の六つである。このうち前4者が文字の形による分類であり,後2者は文字の転用に関するものである。…

【六書】より

…江,河などで氵(水)がそれらの文字が〈水〉の部に属することを,工,可がそれらがそれぞれ〈コウ〉〈カ〉と読まれることをあらわす。(4)会意 要素どうしのそれぞれに意味が交渉し合って一つの新しい意味を合成しようとするもの。武,信など。…

※「会意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

会意の関連情報