コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウセンイタチ チョウセンイタチMustela sibirica; yellow weasel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウセンイタチ
Mustela sibirica; yellow weasel

食肉目イタチ科。体長は雄が 32~40cm,雌が 25~28cm。体は細長く,四肢は短い。背面褐色で,口のまわりは白っぽい。イタチより黄色みが強く,赤みが弱い。朝鮮半島対馬に分布するが,1930年に日本本土にも移入され,現在では関西地方を中心に分布域を広げている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウセンイタチ
ちょうせんいたち

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチョウセンイタチの言及

【イタチ(鼬)】より

…上記2種は同一種とされることもあり,ニホンイタチは本来の分布地である本州,四国,九州,壱岐のほか,北海道およびサハリンに移入されている。タイリクイタチはチョウセンイタチとも呼ばれ,ロシアのシベリア,ウラル地方など,朝鮮半島,中国,台湾,インドのカシミール,ミャンマー,インドネシアに分布する。本州の関西,四国,九州などでは移入されたものが野生化し,ニホンイタチを駆逐して分布を広げつつある。…

※「チョウセンイタチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チョウセンイタチの関連キーワード帰化動物帰化生物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android