チョガ・ザンビル遺跡(読み)チョガ・ザンビルいせき(英語表記)Choga Zambil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョガ・ザンビル遺跡
チョガ・ザンビルいせき
Choga Zambil

イラン,フージスターン地方にあるエラムの古都スーサの東方で発見された中エラム時代の都市遺跡。 1951~62年にフランス人 R.ギルシュマンが発掘した。エラム王ウンタッシュ・ガルによって前 13世紀に建設され,ドゥル・ウンタッシュと名づけられた。囲壁で囲まれたテメノスに,スーサの主神インシュシナク神に捧げられた5階建てのジッグラトが建立された。ジッグラトの内部には神々の祠堂があった。テメノスの北東方に王宮が建てられ,その南方に王墓があった。 1979年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android