コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョチェク市 チョチェクQoqek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョチェク〔市〕
チョチェク
Qoqek

漢語名はターチョン (塔城) 。中国西北地方,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区北西部の市。ターチョン地区の行政中心地がある。カザフスタンとの国境にある低山地帯,エミン (額敏) 川の小盆地を中心とする。東方のジュンガル (準 噶爾) 盆地と西方のバルハシ湖地方,北方のアルタイ (阿勒泰) 地区と南方のイリ (伊犁) 地区を結ぶ交通の要地にあたり,早くから遊牧民に重視され,チュグチャクと呼ばれた。清の乾隆年間にタルバガタイ (塔爾巴哈台) 城が築かれ,清末にはロシアとの交易場となった。コムギが栽培され,ヒツジ,ウシ,ラクダが放牧されるが,特に良質のターチョン牛で知られる。人口 12万 8677 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チョチェク市の関連キーワードターチョン(塔城)地区

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android