チョチェク(読み)ちょちぇく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョチェク
ちょちぇく / 塔城

中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区北西部、カザフスタン共和国との国境にある県級市。旧名タルバガタイ。イリ・カザフ自治州北西部チョチェク地区の公署所在地である。人口14万9216(2010)。ジュンガル界山の断層山間盆地の一つで、オーミン河の河谷平野の標高400~500メートルの所にある。オーミン河はカザフスタンに流れ、河谷も西の方面はより低く広がっているため、比較的湿潤で耕地が発達し、小麦などの栽培が行われている。また山地の頂上付近まで草原が広がり、牧畜が盛ん。羊毛を原料にした毛布、カーペットなどの工場もある。カザフスタンのアヤグズやロシアのアルタイ方面のほか、ジュンガル界山を越えカラマイの南に出る自動車道が通じる。市東部にはチョチェク空港がある。[駒井正一・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android