コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョンアン(崇安)県 チョンアンChong'an

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョンアン(崇安)〔県〕
チョンアン
Chong'an

中国華東地方,フーチエン (福建) 省北西部,ナンピン (南平) 地区北部の県。ウーイーシャン (武夷山) 山脈の最高点ホワンカン (黄崗) 山の南麓にあり,チョン (崇) 渓の谷を中心とする。古くから,ウーイーシャン山脈をフェンシュイ (分水) 関で越えてチヤンシー (江西) 省に出る交通路の要地であった。斜面の段々畑で茶が栽培され,気候条件に恵まれて,ウーイーイエン (武夷岩) 茶と呼ばれる発酵茶の産地となっている。谷底では水稲が栽培される。森林資源も豊富である。南部のチーシー (赤石) は,1942年6月国民党軍に捕えられていた共産党員たちが移送の途中で脱走した赤石暴動の地で,犠牲者の墓がある。人口 15万 5527 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android