コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南平 なんぺい

3件 の用語解説(南平の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

南平【なんぺい】

中国,福建省中部,【びん】江(びんこう)中流の都市。【びん】江水運の中心で,浙江・広東・江西の各省へ連絡する商業都市。1958年外福鉄路(外洋〜福州)が開通し,上流のスギ・竹材などを集散する。
→関連項目【びん】江

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんぺい【南平 Nán píng】

中国,福建省中部北寄り,閩江(びんこう)の上流域に位置する新興都市。人口46万(1994)。邵武市など4市と5県を管轄する。来福鉄道(来舟~福州)が市の西の外洋で鷹厦鉄道(鷹潭(ようたん)~厦門(アモイ))に接続する。漢代に南平県が置かれ,明・清代は延平府の治所であった。1957年南平県の市街区に市制を敷き,60年には南平県を併入した。省北西部との交通の起点であり,省内の各地から鉄道などで運ばれた物資を西部に送り,また北西部の生産物を輸送する中心となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南平
なんへい / ナンピン

中国、福建省中部の地区級市。(びんこう)中流に沿い5県を管轄し、4市の管轄代行を行う。人口304万0799、市轄区人口49万4576(2000)、うち2000人近くのショオ族を含む。江の谷に沿う交通の要地として開け、明(みん)、清(しん)代には延平府の府治であった。1957年市制施行、94年省直轄市となる。鷹厦(ようか)、南福両鉄道が敷設されてから発展した。58年に付近の木材を原料とする製紙工場が建設され、以後全国有数の新聞紙の産地となった。ほかにインキ、ペンキ、肥料などの化学工業、農機具、鉄鋼、セメントなどの工業が立地する。林産物はスギ材のほか、松脂(まつやに)、タケノコ、シュロが多い。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南平の言及

【荆南】より

…907‐963年。南平または北楚ともいう。湖北のわずか3州のみを領有して,首都を江陵(荆州)においた。…

【五代十国】より

…中国で,907年(天祐4)にが滅び,960年(建隆1)にが成立して979年(太平興国4)に統一を完了するまでの時期を,五代十国時代という。この間,華北では後梁,後唐,後晋,後漢,後周の5王朝が興亡したので五代といい,その他の地域に前蜀,後蜀,,南唐,呉越(びん),荆南(南平),,南漢,北漢などが併存したので十国という。唐代後半の藩鎮割拠という分裂状態が唐の滅亡で極まったのがこの時代である。…

※「南平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南平の関連キーワード胡安国閩江福建省贛江鄭州福州臨淄林紓林森

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南平の関連情報