コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョンジュ(清州)市 チョンジュCh'ǒngju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョンジュ(清州)〔市〕
チョンジュ
Ch'ǒngju

韓国,チュンチョンプク (忠清北) 道の西部にある市。道庁所在地。 1949年市制。クム (錦) 江の支流ムシム (無心) 川の流れるチョンジュ盆地にあり,クム江流域の平野部と,ノリョン (蘆嶺) 山脈,ソベク (小白) 山脈との漸移地域に発達した。新羅時代に西原京がおかれ,高麗時代には清州牧となった。李氏朝鮮でも軍事,地方行政の要地で,08年チュンジュ (忠州) に代って道庁所在地となった。チュンブク (忠北) 鉄道が通り,西方にキョンブ (京釜) 高速道路のインターチェンジがある。農産物の集散や加工が行われる。 70年代に工業団地が造成され,繊維,機械,化学,食品などの工場が建設された。タバコの産出が多く,米,オオムギ,ジャガイモ,モモなども栽培される。弥勒七体仏のあるヨンファ (竜華) 寺,道立公園のファヤン (華陽) 洞などがある。面積 65km2。人口 49万 7429 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チョンジュ(清州)市の関連キーワードチュンチョンプク(忠清北)道クム(錦)江

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android