コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョー・オユー[山] Cho Oyu

1件 の用語解説(チョー・オユー[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チョー・オユー[山]【Cho Oyu】

ネパール・ヒマラヤ,クーンブ(エベレスト)山群,ゴジュンバ氷河の奥,ネパールチベット境にある山。標高8153m。1983年,ネパールは8201mと発表。チベット語で〈トルコ玉の神〉の意。1952年のイギリス隊の攻撃のあと,54年オーストリア隊(H.ティッヒー隊長)が初登頂。58年インド隊,64年西ドイツ隊,78年西ドイツ・オーストリア合同隊が登頂。59年挑戦した国際女性隊(C.コーガン隊長)など遭難も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チョー・オユー[山]の関連キーワードエベレストカンチェンジュンガネパールサガルマータ国立公園シェルパヒマラヤヒマラヤ杉チベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊エベレストの彼方