コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョー・オユー[山] Cho Oyu

世界大百科事典 第2版の解説

チョー・オユー[山]【Cho Oyu】

ネパール・ヒマラヤ,クーンブ(エベレスト)山群,ゴジュンバ氷河の奥,ネパール・チベット境にある山。標高8153m。1983年,ネパールは8201mと発表。チベット語で〈トルコ玉の神〉の意。1952年のイギリス隊の攻撃のあと,54年オーストリア隊(H.ティッヒー隊長)が初登頂。58年インド隊,64年西ドイツ隊,78年西ドイツ・オーストリア合同隊が登頂。59年挑戦した国際女性隊(C.コーガン隊長)など遭難も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チョー・オユー[山]の関連キーワードエベレスト[山]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android