チョー・オユー[山](英語表記)Cho Oyu

世界大百科事典 第2版の解説

チョー・オユー[山]【Cho Oyu】

ネパール・ヒマラヤ,クーンブ(エベレスト)山群,ゴジュンバ氷河の奥,ネパール・チベット境にある山。標高8153m。1983年,ネパールは8201mと発表。チベット語で〈トルコ玉の神〉の。1952年のイギリス隊の攻撃のあと,54年オーストリア隊(H.ティッヒー隊長)が初登頂。58年インド隊,64年西ドイツ隊,78年西ドイツ・オーストリア合同隊が登頂。59年挑戦した国際女性隊(C.コーガン隊長)など遭難も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android