チリラボンブウェ(英語表記)Chililabombwe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「チリラボンブウェ」の意味・わかりやすい解説

チリラボンブウェ
Chililabombwe

ザンビア中北部の鉱山町。旧称 Bancroft。チンゴラ北西約 25km,コンゴ民主共和国国境に近い標高 1360mの高原位置。コンゴ民主共和国のカタンガ州から続く産銅地帯にあり,1957年から開発が始まった。ンドーラ鉄道が通じている。1969年に政府が 51%出資したンチャンガ=コンソリデーテッド銅鉱山会社が採鉱を続けている。都市圏人口 5万4504(2000)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android