コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チロシンアミノトランスフェラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

チロシンアミノトランスフェラーゼ

 [EC2.6.1.5].チロシン分解の最初の反応を触媒する.生物界に広く分布する.ピリドキサールリン酸を補酵素とする.欠損するとII型チロシン血 (Richner-Ranhart syndrome) になる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

チロシンアミノトランスフェラーゼの関連キーワードカルニチンアシルトランスフェラーゼ酵素番号Windows AzureウィンドウズアジュールKindle FireアマゾンSilkAmazonウェブサービスXenユーティリティコンピューティングWindows Azure

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android