コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チロシンアミノトランスフェラーゼ

1件 の用語解説(チロシンアミノトランスフェラーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

チロシンアミノトランスフェラーゼ

 [EC2.6.1.5].チロシン分解の最初の反応を触媒する.生物界に広く分布する.ピリドキサールリン酸を補酵素とする.欠損するとII型チロシン血 (Richner-Ranhart syndrome) になる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チロシンアミノトランスフェラーゼの関連キーワードチロシナーゼチロシン高チロシン血チロシンキナーゼ系チロシン血チロシン3-モノオキシゲナーゼチロシンリン酸デンプン分解酵素生デンプン分解酵素モノヨードチロシン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone