コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チロシンアミノトランスフェラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

チロシンアミノトランスフェラーゼ

 [EC2.6.1.5].チロシン分解の最初の反応を触媒する.生物界に広く分布する.ピリドキサールリン酸を補酵素とする.欠損するとII型チロシン血 (Richner-Ranhart syndrome) になる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

チロシンアミノトランスフェラーゼの関連キーワードカルニチンアシルトランスフェラーゼ酵素番号Windows AzureウィンドウズアジュールKindle FireアマゾンSilkAmazonウェブサービスXenユーティリティコンピューティングWindows Azure

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android