コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酵素番号 こうそばんごうenzyme code; Enzyme Commission number

2件 の用語解説(酵素番号の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酵素番号
こうそばんごう
enzyme code; Enzyme Commission number

イーシーナンバー (EC No.) ともいう。酵素をその働きの面から分類し,系統的に4種の数字,すなわち,1番目はそれが属する酵素の分類主群,2番目は副群,3番目は副々群,4番目は副々群での登録番号で表現したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酵素番号
こうそばんごう
enzyme numberenzyme commission numberEC number

EC番号ともいう。酵素は生物がつくる触媒作用をもつタンパク質である。構造が複雑であるため、酵素の分類や命名は化学構造によらないで、触媒する反応の種類や基質(酵素が触媒する反応の反応物質のこと)に基づいて行われる
 酵素番号は酵素を反応の形式に従って系統的に分類するための番号で、ECに始まる4組の数字よりなる。たとえば、EC1.1.1.1とかEC2.1.1.1などで各酵素に固有の番号がつけられている。ECのすぐあとの番号(第一の数)は分類主群(6群ある)のいずれに属すかを表す。EC1群は酸化還元酵素(オキシドレダクターゼ)、EC2群は転移酵素(トランスフェラーゼ)、EC3群は加水分解酵素(ヒドロラーゼ)、EC4群は除去付加酵素(リアーゼ)、EC5群は異性化酵素(イソメラーゼ)、EC6群は合成酵素(リガーゼ)に属すことを示す。第二の数は副群、第三の数は副副群を示し、基質によって分類される。第四の数は副副群のなかの番号である。たとえば、EC1.1.1.1では、EC1.で酸化還元酵素に属すことを、第二の1.で水素を出す基質がアルコール(-CH2-OH)であることを、第三の1.で水素を受け取る基質がNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)であることを示している。この酵素の常用名はアルコール脱水素酵素(アルコールデヒドロゲナーゼAlcohol Dehydrogenase)で、系統名はAlcohol:NAD+ oxidoreductaseである。
 このような酵素の分類と命名法の規則は国際生化学連合(現在は国際生化学・分子生物学連合)の酵素委員会が1961年に制定し、その後若干の修正が加えられた。[徳久幸子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone