ツノカメムシ(角亀虫)(読み)ツノカメムシ(英語表記)acanthosomatid bug

世界大百科事典 第2版の解説

ツノカメムシ【ツノカメムシ(角亀虫) acanthosomatid bug】

半翅目ツノカメムシ科Acanthosomatidaeの昆虫の総称。カメムシ科の1亜科とされることもあるが,肢の跗節(ふせつ)は2節で前胸腹面に頭部に向かう長いとげがあり,中胸腹面には扁平な竜骨突起,腹部第3節腹面に鋭い突起があり,それぞれが先端や後端で重なる。植食性で世界に分布し約180種,日本には約25種が分布する。雄の尾端は紅色ではさみ状に突出したハサミツノカメムシAcanthosoma labiduroides,小楯板(しようじゆんばん)に黄白色のハート形のあるエサキモンキツノカメムシSastragala esakii,小型なヒメツノカメムシElasmucha putoniなどが知られ,後の2属は産卵後,成虫は卵塊上に静止して2齢若虫になるまでこれを守る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android