コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生バチ きせいバチ

百科事典マイペディアの解説

寄生バチ【きせいバチ】

ヤドリバチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄生バチ
きせいばち

昆虫綱膜翅(まくし)目のなかでほかの昆虫やクモなどに寄生するハチの総称。ヤドリバチともいう。原虫、線虫、吸虫などによる通常の寄生とは違って、この場合、寄生者は最終的に餌(えさ)(寄主とよばれる)を食い尽くすので、とくに捕食寄生者とよばれる。分類学的には、細腰(さいよう)亜目の有錐(ゆうすい)類のほとんどで、カギバラバチ、ヒメバチ、ヤセバチ、コバチ、シリボソクロバチの各上科と、有剣(ゆうけん)類のアリガタバチ、ツチバチ、ベッコウバチ各上科の一部、それに広腰亜目のヤドリキバチ上科のことをさしている。農林業の害虫に寄生するものも多いので、天敵として害虫の密度調節に大きな役割を果たしていると考えられる。
 習性上では大別して、内部寄生者と外部寄生者に分けることができる。内部寄生バチの場合、卵は通常、寄主の体内に産み付けられ、孵化(ふか)した幼虫はその体内で摂食して成長する。寄生者がある程度成長を終えるまで、寄主は普通の生活をしているので、被寄生個体とそうでない個体の区別はつけがたい。野外で採集してきたチョウの幼虫が相当成長したあと、または蛹(さなぎ)になったあとで、ある日、突然に見知らぬハチが羽化してくるというような例を経験するのはこのためである。寄主の卵に産卵し、幼虫になってから寄生者が発育を完了する種や、幼虫に産卵し、蛹になってから寄生者が羽化するものなど、寄主の発育の状態とあわせて成長するものが多いので、一般的に発育に要する期間は長い。外部寄生バチでは、通常、産卵に先だって、寄生者は産卵管を注射器に兼用して寄主を麻痺(まひ)させる。卵は寄主の体表面か、その近くに産み付けられ、孵化した幼虫は外部から摂食して成長する。そのために、寄主は植物の組織、繭内、そのほか隠れた場所にいるものが多い。そのほかに、寄主とは離れた場所に産卵し、孵化した幼虫は通りかかった昆虫に便乗して寄主の巣に到達するものや、卵が食物とともに寄主に飲み込まれて、その体内に達するような生活をしている種類もいる。[桃井節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

寄生バチの関連キーワードアオムシサムライコマユバチアシブトコバチ(脚太小蜂)ズイムシアカタマゴバチトビコバチ(跳小蜂)コマユバチ(小繭蜂)ツヤコバチ(艶小蜂)タマゴヤドリコバチヒメバチ(姫蜂)アリヤドリコバチコナカイガラムシアシブトコバチマダラヒメバチアゲハヒメバチウマノオバチカギバラバチオナガコバチコガネコバチコナジラミヒメコバチオナガバチ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android