コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツマミタケ(抓茸) ツマミタケ Lysurus mokusin

1件 の用語解説(ツマミタケ(抓茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツマミタケ(抓茸)
ツマミタケ
Lysurus mokusin

担子菌類腹菌目アカカゴタケ科。夏秋の頃,庭園の林地の地面近くに,長径2~3.5cmほどの長卵形の菌蕾 (きんらい) を生じ,それより四角ないし六角柱状の子実体が現れる。その長さ5~12cm,基部は細く上部は太く径 0.5~1.5cmとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツマミタケ(抓茸)の関連キーワードキヌガサタケ(衣笠茸)クチベニタケ(口紅茸)松露担子器スッポンタケカゴタケ(籠茸)キツネノエフデ(狐絵筆)チャダイゴケアカカゴタケ半担子菌類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone