コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角柱 かくちゅう prism

翻訳|prism

8件 の用語解説(角柱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角柱
かくちゅう
prism

柱体の一つであって,底面が多角形であるものをいう。底面が三角形ならば三角柱四角形であれば四角柱,一般に n 角形のときは n 角柱という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かく‐ちゅう【角柱】

二つの合同な多角形が平行し、他の面がすべて平行四辺形である多面体。角壔(かくとう)。
四角い柱。かくばしら。

かく‐ばしら【角柱】

四角な柱。
の別名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

角柱【かくちゅう】

以前は角【とう】(かくとう)とも。一直線に平行な三つ以上の平面(側面)と,この直線に交わる二つの平行平面(底面)とが囲む立体。底面がn角形の角柱をn角柱という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かくちゅう【角柱 prism】

空間内に一つの多角形とその多角形の平面に平行でない一つの直線が与えられたとき,多角形を直線に沿って平行に移動していくことにより得られる立体図形を角柱という。はじめの多角形と移動の最後に現れる多角形とを底面,両底面間の距離を高さ,はじめの多角形の各辺の平行移動によってできる平行四辺形を側面,側面の交線を側辺または側稜という。底面がn角形である角柱をn角柱,底面と側面が直交する角柱を直角柱,底面が正n角形である直角柱を正n角柱という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かくちゅう【角柱】

かくばしら(角柱) 」に同じ。
〘数〙 〔prism〕 二つの合同でかつ平行な多角形(底面)の面をもち、他の面がすべて平行四辺形(側面)であるような立体。特に、側面がすべて長方形であるとき、直角柱といい、それ以外の角柱を斜角柱という。角壔かくとう

かくばしら【角柱】

断面が四角(または角形)な柱。かくちゅう。 ↔ 丸柱
竹の異名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角柱
かくちゅう

平行な2平面α、βとそれらに交わる直線l、およびα上の多角形Pがあるとき、Pの任意の点を通ってlに平行な直線の全体のつくる立体のαとβの間にある部分を角柱(斜角柱)という。このとき、多角形Pを底面、底面でない面を側面という。また、平行2平面α、βの距離を高さといい、底面の面積がS、高さがhの角柱の体積はV=Shである。底面が三角形、四角形、多角形であるのに応じて、三角柱、四角柱、多角柱という。多角柱はまた、平面α上の多角形がαに交わる直線の方向に平行移動してできる立体にもなっている。底面が平行四辺形の四角柱を平行六面体という。平行六面体は3組の平行な2平面で囲まれた立体ともいえる。その面はすべて平行四辺形である。角柱で、前に示した平面αと直線lが垂直のとき、これを直角柱といい、底面が正多角形の直角柱を正角柱という。底面が長方形の直角柱を直方体という。直方体は平行六面体の特殊な場合で、すべての面が長方形である。とくに、すべての面が正方形の場合の直方体を立方体という。[栗田 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の角柱の言及

【プリズム】より

…滑らかに研磨された平行でない平面を二つ以上もつ透明体。用途により,分散プリズム,偏角プリズム,偏光プリズムなどがある。ギリシア語およびラテン語のprismaに由来し,原義は〈削る〉。起源については明らかでないが,多くの稜をもつガラスに光を入射させるとスペクトルが得られることは古くから知られていたようで,1世紀にL.A.セネカが書いた《自然の研究》にもこのことが述べられている。プリズムに関してはニュートンが行った太陽光によるスペクトルの実験が有名で,彼は第1のプリズムによって得られたスペクトルを第2のプリズムを通すと再び白色光となることから,それぞれのスペクトルはもともと太陽光に含まれており,これらが集まって白色光となることを明らかにした。…

【柱体】より

…母線が底面と垂直である柱体を直柱体という。底面が多角形である柱体を角柱,底面が円である柱体を円柱という。底面が平行四辺形である角柱を平行六面体,底面が長方形である直角柱を直方体という。…

【社寺建築構造】より

…これらの部材からなる骨組みを軸部と呼ぶ。には丸柱と角柱があり,主要な部分には丸柱を用い,向拝(ごはい∥こうはい)や裳階のような従属的部分に角柱を使う。丸柱は,中ほどにギリシア建築のエンタシスに似た胴張りのあるもの(飛鳥時代),上端を丸く細めたもの(奈良時代),上にいくにしたがい細くなるもの(大仏様),上下端を細めたもの(禅宗様)がある。…

※「角柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

角柱の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

角柱の関連情報