ティオンビル(読み)てぃおんびる(英語表記)Thionville

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティオンビル
てぃおんびる
Thionville

フランス北東部、モーゼル県の副県都。メスの北約29キロメートル、ルクセンブルクとの国境に近いモーゼル川沿いに位置する。人口4万0907(1999)。道路、鉄道の要衝で、運河化されたモーゼル川に港がある。ロレーヌ地方における鉄鋼業の中心地の一つ。車両、鉛管類、セメントなどの工業もある。1870~1919年はドイツ領で、ディーデンホーフェンDiedenhofenとよばれていた。13世紀のルクセンブルク伯爵の城跡がある。[大嶽幸彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android