ティスラン(英語表記)François Félix Tisserand

世界大百科事典 第2版の解説

ティスラン【François Félix Tisserand】

1845‐96
フランスの天文学者。パリのエコール・ノルマル・シュペリウールの出身。1873年トゥールーズ天文台長,78年パリ大学教授,83年ソルボンヌ大学教授,92年パリ天文台長を歴任した。月運動論,すい星の運動,天体の形状論など天体力学の分野で活躍し,すい星の同定に使われるティスランの判定式は有名である。1874年には金星の太陽面通過の観測に来日した。84年創刊の《Bulletin astronomique》誌の編集主幹を創刊以来つとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android