コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティスラン François Félix Tisserand

世界大百科事典 第2版の解説

ティスラン【François Félix Tisserand】

1845‐96
フランスの天文学者。パリのエコール・ノルマル・シュペリウールの出身。1873年トゥールーズ天文台長,78年パリ大学教授,83年ソルボンヌ大学教授,92年パリ天文台長を歴任した。月運動論,すい星の運動,天体の形状論など天体力学の分野で活躍し,すい星の同定に使われるティスランの判定式は有名である。1874年には金星の太陽面通過の観測に来日した。84年創刊の《Bulletin astronomique》誌の編集主幹を創刊以来つとめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ティスランの関連キーワードマルクス経済学イビーインブリーソーパーパーソンフェスカフォック後藤三右衛門(2代)エンゲルスクレーニヒ