コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽面通過 タイヨウメンツウカ

4件 の用語解説(太陽面通過の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいようめん‐つうか〔タイヤウメンツウクワ〕【太陽面通過】

日面通過

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

太陽面通過【たいようめんつうか】

日面通過とも。内惑星(水星,金星)が内合のとき,黄緯も一致すると,太陽面上を小黒点として通過していくように見える。これを太陽面通過といい,水星では平均約7.5年に1回起こるが,金星ではきわめてまれで,1874年,1882年のあと2004年まで起こらない。
→関連項目内合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいようめんつうか【太陽面通過 passage on solar disk】

日面通過ともいう。天体が太陽面を横切るように見える現象。通常は内惑星の現象を指す。太陽,内惑星,地球がこの順に一直線に並ぶとき,すなわち,内惑星の軌道の交点付近で内合となったときに起こる。惑星の軌道は安定であるから,起り方はきわめて規則的である。 水星の太陽面通過は,太陽が昇交点を通過する11月10日ごろと,6ヵ月を隔てて降交点を通過する5月8日ごろに起こる。図はそれぞれについて200年間のようすを計算したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太陽面通過の関連情報