コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティノス島 ティノスとうNísos Tínos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティノス島
ティノスとう
Nísos Tínos

古代ギリシア語読みではテノス Tēnos。ギリシア,エーゲ海南部,キクラデス諸島北部の島。北西のアンドロス島と南東のミコノス島にはさまれて位置する。南岸に中心集落ティノスがある。 1390~1715年ベネチア領。その後オスマン帝国領となり,1829年ギリシア領。ワイン,イチジクオリーブ油,緑色大理石などを産する。面積 194km2。人口 7730 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ティノス‐とう〔‐タウ〕【ティノス島】

TinosΤήνος》ギリシャ南東部、エーゲ海にある島。キクラデス諸島に属し、アンドロス島ミコノス島に近い。中心地はティノス。パナギアエバンゲリストリア教会には「奇跡のイコン」が安置され、毎年3月25日と8月15日の祭には数多くの巡礼者が訪れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android