コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティムガド Timgad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティムガド
Timgad

アルジェリア北東部にあるローマ時代の都市遺跡。アナバ港南西 210kmのバトナからさらに南東へ 30kmの地点に位置する。 100年頃トラヤヌス帝によって建設されたが,5世紀以降衰退し,一度復興されたものの,647年以後歴史から姿を消した。 1880年以来,凱旋門列柱,4000人以上収容可能な円形劇場跡などが発掘され,「北アフリカポンペイ」と呼ばれる。 1982年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android